無添加歯磨き粉のすゝめ
子供歯磨き粉

歯磨き粉のどんな成分がアレルギーを引き起こすのか

アレルギー 症状

「ブラッシングをしていたら、口の周りが急に痒くなってきた」「唇の横が切れて出血し始めた」など、歯磨きによってアレルギー症状が発症したというケースは少なくありません。中には「口腔内が腫れあがってしまった」というケースもあるほどです。

こうした症状の主な原因としては「歯磨き粉に配合されている成分」が関係していると考えられています。では、練り歯磨きに含まれるどんな成分がアレルギー反応を引き起こすのでしょうか。成分について考えてみましょう。

フッ素は中毒症状を引き起こすことがある

「歯を強化して虫歯を防ぐ」という目的で頻繁に使用されているのが「フッ素」です。フッ素には強い抗菌作用があり、歯の表面にあるエナメル質の強化にも貢献するのではと期待されています。

とはいえ、フッ素の成分は非常に強力であり、害虫駆除に使用されているほどです。

そのため、幼児や免疫の弱い人がフッ素配合の練り歯磨きを使用すると、口の周りが赤くはれ上がったり、肌がかゆくなったりすることがあるのです。また、フッ素は体内に蓄積されやすく排出されにくいという性質を持っているため、フッ素を含む歯磨き粉を長期間使用することで徐々にアレルギー症状が出てくるということもあります。

こうした背景から、近年では治療の際にフッ素を使用しないようにしている歯科医師も増えてきています。

安全性が高いとされる物質が原因になることも

歯磨き粉に界面活性剤として使用されている物質は、基本的に「安全性が高い」という認定を受けています。とはいえ、もともと免疫が弱い人や虚弱体質の人が使用すると、体に異常が発生することもあります。

例えば、研磨剤として使用されることの多い「水酸化アルミニウム」は、女性用のファンデーションにも利用されている成分です。とはいえ、大量に摂取すると神経に作用して記憶混濁などの障害を引き起こす可能性があるとされています。

また、保存料として広く使用されている「パラベン」も、摂取量が多くなると腫れや肌の炎症を引き起こすことがあり、重篤な場合は肝機能障害になってしまうケースもあるのです。

まとめ

幼児は体内の免疫系が十分に成熟していないため、少量の化学物質を摂取しただけでも強いアレルギー反応を引き起こすことがあります。歯磨き粉は直接口に入れるものですから、特に注意が必要と言えるでしょう。

もし何らかの異常を確認したなら、すぐに使用を中止し、成分を確認した上で医師の診察を受けて判断を仰ぐようにしましょう。