無添加歯磨き粉

無添加の歯磨き粉は洗浄力が低いのか?

無添加歯磨き粉 洗浄力

「無添加の歯磨き粉」という表示を見ると、「健康に良さそう」と多くの人が感じる一方で、「洗浄力が低いのでは」と心配する人もいます。

確かに化学合成した界面活性剤は洗浄力が非常に高いことで知られています。とはいえ、自然由来成分の中にも口腔内のケアに役立つ成分が数多くあります。

では、無添加の練り歯磨きは本当に洗浄力が弱いと言えるのか、また自然由来のどんな成分が使用されているのかについて考察してみましょう。

オーガニック商品の主成分は「ポリリン酸ナトリウム」

「無添加」や「オーガニック」として販売されている練り歯磨きでは、洗浄成分として主に「ポリリン酸ナトリウム」を配合しています。

ポリリン酸ナトリウムは自然由来の成分であり、人体に吸収されても副作用が生じる危険はまずありません。

歯に付着した汚れを強力に浮かせて落としてくれます。

また、ステインなどの色素成分が沈着することも防いでくれます。

加えて、化学合成された界面活性剤とは異なり、口の中にある菌をすべて除去してしまうことはなく、口腔内を乾燥させてしまう心配もありません。

ですから、ブラッシング後に歯周病菌が増殖して口の中がネバネバするということはまず起こらないわけです。

化学物質は味覚細胞を破壊する

化学合成された界面活性剤には、味覚を感じる器官である「味蕾」を溶かして傷つけてしまうという作用が確認されています。

ポリリン酸ナトリウムはこうした心配もないので、毎日安心して使用することができます。

別の自然由来洗浄成分としては「メタリン酸ナトリウム」があります。

こちらもポリリン酸ナトリウムとほぼ同様の洗浄力があると言われています。

ホワイトニング成分は「シリカ」を使っているものが多い

無添加の歯磨き粉でホワイトニングの成分として使用されているのは「シリカ」です。

これも自然由来の成分で、化学合成された成分よりも研磨作用はやや劣るものの、歯の表面にあるエナメルまで削り取ってしまうという心配がありません。

毎日欠かさずブラッシングを行なうなら、徐々にシリカの持つホワイトニング効果を実感することができるはずです。

オーガニックの商品では泡立ちを良くするためだけの発泡剤は使用していません。

まとめ

「泡立たないと落ちている気がしない」という人もいるものの、ブラッシングした後にうがいすることでどれほど汚れが落ちたのかはきちんと確認することができるはずです。

また、舌で歯の表面を触ってみると、汚れが落ちてつるつるになっていることが実感できるでしょう。